トップ >> 求人への応募で大切なこと

転職の近道の情報

転職で求人に応募した場合

転職で求人に応募したら、前の会社の退職理由をきかれます。前向きな理由を言うことは、次の会社の志望動機になります。どんな退職理由でも、捉え方によっては前向きな理由になるのです。前向きな捉え方をするためにはまず、自分に足りなかった部分を考えることから始めましょう。そして次に求めることがどんなことなのかということをかんがえるのです。間違っても、前の会社の悪口やグチにならないように気をつけましょう。これは転職で求人の応募の際に、面接官の前で言わないように注意しなければならない最大のポイントと言えるでしょう。

求人に応募したら具体的に

転職で求人に応募する場合、前の会社で積んだ経験は誰にも負けない貴重なものであります。自分のセールスポイントはこんなところだとアピールするのであれば、なぜなら自分はこんな仕事をこなしてきたからだと、雄弁に語って良いのです。ここでも注意すべき点は、具体的に話をすることです。求人への応募では具体的で前向きに話をし、これからの仕事にあてはめて、こんな仕事ができるようになりたい!とアピールするのです。具体的な話であればあるほど、面接官には伝わりやすいので面接官もつっこみやすくなり、話がとぎれてしまうということがなくなるのです。